ご挨拶

計算機能力の向上,レーザー計測技術の進歩により,我々は原子・分子の衝突および反応過程の情報を得ることが可能になりました.微視的な原子・分子の情報に,反応モデリングという手法を適用して,燃焼という巨視的な現象を理解することが本研究室のテーマです.量子化学や化学反応速度論などの理論化学に基づいてガソリンや軽油,バイオ燃料の着火,火炎伝播,NOxや煤生成を定量的に予測可能な燃焼反応モデルの開発を行い,国内外の大学および企業との共同研究により革新的な燃焼技術の開発に努めています.

新着情報

ホームページを公開しました。
PAGE TOP